ペニドラゴンについて

>>ペニドラゴンについてのご感想を教えてください。

ペニドラゴンの商品画像

ペニドラゴンの商品説明

副作用現在、ペニドラゴン に副作用の報告は寄せられていません。
使用方法記載なし
成分・素材マカ 亜鉛 シトルリン トンカットアリ 高麗人参 アルギニンなど
販売元不明
価格5,000(税込)
平均点 (0)

※数値が高いほどヤバイです。

今までになかった国内トップクラス高濃度の配合量!常識を超える自信増大男性サプリメント、ペニドラゴンが貴方の男としての自信を取り戻します。どんなサプリメントも成分配合量が多いだけでは意味がありません。

男として逞しく、夜に強くなりたい、男はみな最強に一度は憧れるものです。ペニドラゴンが貴方の夢を叶えます。

龍のようにそそり立つ自信を、そんな気持ちで成分量にも他のサプリメントとは全くの違いを見せつけます。ペニドラゴンは貴方を一生サポート宣言。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

ペニドラゴンの管理人コメント

明らかに今後工作されるであろう精力剤ペニブースト。
ジャンルもペニス増大なので信頼性は皆無。

Amazonでのみ販売しているようですが……

  • ストア名が「増大サプリ研究所」
  • ストア名をクリックしても店舗情報に行かない(高確率で個人出店)
  • Amazonで掲載している写真が正面写真のみ
  • 配合成分が一部しか載っていない
  • 飲み方や内容量も不明
  • にも関わらず口コミでは配合量を絶賛している

🤔色々とおかしいぞ?

管理人は今日初めて個人出店の見分け方について知りましたが、ペニドラゴンは明らかに個人出店でした。
Amazonは商品タイトルの一番最初に販売会社名を書かないといけないのですが、個人出店だとそのルールがないのですかね?

別に個人出店の商品が悪いというわけではないですが、企業とは違い信頼性は少し落ちてしまいます

だからこそしっかりと商品や健全性をアピールしなければいけないのですが……上記のような現状だとそれは期待できません。

一つずつ確認していきましょう。

ストア名が「増大サプリ研究所」

Amazonではストア名に関しては自由に付けることが出来ます。

ですが基本は会社名。
個人出店でもそれなりに信頼性のある名称が基本です。

それなのにストア名を増大サプリ研究所としています。
多分信頼性を上げる為に「増大サプリ研究所」という名称を付けたのでしょう。

研究所という名称は本来「研究所とは研究(研究開発)、また試験、鑑定などを行うための組織(機関)」を指します。
個人(もしくはサークル)で増大を研究できるのでしょうか?

ストア名をクリックしても店舗情報に行かない

企業が出店している場合、Amazonでストア名をクリックするとその会社の製品一覧が表示されます。


例1:アンファーの場合


商品名下にある、青い文字の部分がストア名。
ここをクリックすると

企業だとストア専用のページが出る。
ページの少し下にAmazonで販売している商品一覧が掲載。


例2:ペプチアの場合


商品名下にある、青い文字の部分がストア名。
ここをクリックすると


類似商品の一覧が出るが、上にはペプチアが一覧として出てくる。
ひとつクリックすると


ペプチアの商品一覧が出る。


信頼性の高いメーカーの場合、いずれかのパターンが表示されます。

ではペニドラゴンはどうでしょうか?


ペニドラゴンの場合


商品名下にある増大サプリ研究所という文字をクリックすると…

ストアーページに関わる部分が一切出ない。


「1商品しか取り扱ってないからじゃないの?」

と思う方もいるでしょうが、ペプチアは1商品だけの取り扱いです。
アンファーのようなタイプも1商品だけしか取り扱っていないストアでの表示も確認済み(海乳EX)。

個人販売の場合、直接製造会社から卸しているだけなので大体2000円以下で販売できるケースが多い。

増大サプリの場合、価格を相場より吊り上げるケースが多いのですが、これもそのたぐいでしょう。
とはいえ、これは管理人の憶測。
もしかしたら素晴らしい成分がふんだんに入っているのかもしれません、

Amazonで掲載している写真が正面写真のみ

これは完全に利用者目線なのですが、商品の正面画像しかないのはちょっと不安が残ります

他の製品は商品アピールの為の画像を複数用意しているのですから、ペニドラゴンも用意してほしかった。

配合成分が一部しか載っていない

通常、精力剤を始めとしたサプリメントは原材料を表記します。
法律上はパッケージに書けば問題ないのですが、「アレルギー」や「個人的に欲しい成分が摂りたい」という人の為に、サイト上に原材料をすべて表記するのがマナー
特にネット上でしか販売していない製品だと、購入するまで何が入っているのか不安ですよね。

しかも、どの成分がどれだけ入っているかも完全に秘匿
成分が体の中で効果を発揮するには一定以上の量が必要。

秘匿だと、記載している成分のうち効果があるものは1mgずつしか配合せず、他はゼラチンという可能性だってあります。

ひとつでも「○○は○○mg配合しています!」と記載することで、「この成分は必要量配合されているのか」を購入予定者は確認。
買うかどうかの判断ができます。

そういった情報がないので、正直不安すぎて買いたくありません。

飲み方や内容量も不明

原材料以外にも飲み方や内容量すら書かれていないのは正直ありえない。

普通は「1日〇粒を水、またはぬるま湯でお飲みください」と記載するはず。

飲み方や内容量すら記載してないのは個人・会社問わず色々と問題があります。

無いとは思いますが、この記事を見たら即追記してもらいたい。

にも関わらず口コミでは配合量を絶賛している

配合量について一切記載されていないにも関わらず、Amazonでの口コミは配合量を絶賛

2019/12/18現在、4件の口コミが投稿されているので引用してみましょう

非常に高い配合量が気になり購入しました。
これはすごいですね。
ただの増大サプリメントとは違い、精力をも増大させてくださりますね。
配合量の贅沢さは他に類を見ないもので、この値段で買えるのはお買い得だと思います。

増大サプリとバイアグラのハイブリッドのようなサプリメント。
本当にバキバキになりますね。
初めて飲んだときは本当に驚きました。
私は50代ですがまるで10代のときのような下半身は本当に男として喜ばしいものですね。
恋人を作りたいものです。

朝から本当にすごい!!
私はもう62なので朝立ちなどは、とんとなかったけれど、このペニドラゴンを飲み始めて三日目で本当に久しぶりに朝立ちをしました。
自分の男性自身がまだまだやれるんだと感じると自信が沸いてきますね。
このまま一月この増大サプリを飲んだらどうなんだろうか、楽しみ!!

成分量のバランスと成分の掛け合わせが本当にすごいです。
私は薬剤師ですが非常に研究されていると思いますね。
増大サプリメントは色々買ってきましたが、ぺニドラゴンは格が違いますね。
この価格帯で買えるのはありがたいです。

彼らにはいったい何が見えているのでしょう
「パッケージの裏側に成分量が記載されている」という可能性もありますが……一番上の方は明らかに配合量を見て購入しています。
実は管理人が見えていないだけで、どこかに記載されているのでしょうか?

そもそも増大サプリというジャンル自体管理人は好きではありません。
陰茎はサプリで大きくなれません

陰茎を大きくするには手術で物理的に異物を注入するしか方法はなく、それも壊死するリスクを伴います。

それでも「自分の陰茎サイズを大きくしたい」という願いを利用した商品がペニドラゴン。

購入する必要はないと管理人は強く思っています。

↓役に立ったと思ったらシェアしていただけると管理人が非常に喜びます🤗
サイトの維持にも役立つので、よろしくお願いいたします。

     

ペニドラゴンの副作用や被害告発レス

ペニドラゴンの情報はまだありません。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

一番安全なサイトでペニドラゴンを購入する

ペニドラゴンの情報を投稿する

  • ※総合評価の「★」は、数が多いほど良い評価となります。
  • ※副作用~萎縮度の数字は、数が小さいほど良い評価となります。
  • ※新機能として画像を1枚だけ投稿できるようになりました。商品やサービス関連のもののみでお願いします。

▼画像投稿の注意点
画像の容量が1MB以上の場合、うまく送信できず真っ白なページになる可能性があります。お使いのカメラの設定画面にて、「解像度」を最小まで変更の上、もう一度撮影を行てください。なお、コメント自体は送信されております。無事に送信されている場合は「投稿ありがとうございます」というページへ移動します。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

副作用

危険度

不衛生

被害度

萎縮度

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)