リンゼットについて

>>リンゼットについてのご感想を教えてください。

リンゼットの商品画像

リンゼットの商品説明

副作用現在、リンゼットに副作用の報告は寄せられていません。
使用方法赤、青、黄の錠剤を1日1粒ずつ、水またはぬるま湯でお飲みください。
成分・素材ボロボ、アルギニン、シトルリン、トンカットアリ、クラチャイダム、高麗人参、マムシ、冬虫夏草、すっぽん、リン、カルシウム、マカ、ガラナ、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB群など
販売元grothlin.net メンズヘルスラボ
価格12,800(税込)
平均点 (0)

※数値が高いほどヤバイです。

メンズサプリ業界に衝撃が走る!!

2019年これが究極のメンズサプリ。

世界売上100,000箱突破!!
既に「効果を実感」の歓喜の声を多数いただいております。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

リンゼットの管理人コメント

Linzet(リンゼット)は最近発売された精力剤。

3色の錠剤を飲むタイプなので、おそらくはペニス増大系なのでしょう。

ページのトップで「支持率1位」「注目度1位」「満足度1位」となっていますが……。
恐らくメンズリサーチ社にお金を払って、リンゼットが1位になるのにしたのでしょう。
精力剤で「○○度1位」となっているものは十中八九メンズリサーチ社の調査結果ですからね。

「日本初上陸」「世界売上100,000箱突破」と書かれています。
海外で販売されていたのでしょうか?

ということで、日本を除くG7(アメリカ・イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・カナダ)。データがヨーロッパに偏るので、ブラジル、南アフリカ、中国(香港)も調べてみました。

【調査方法】
ブラウザの「地域の設定」から各国の地域を選択して「Linzet」と検索を行う。

グーグルは現在、「地域の設定」で指定した国の検索結果を表示する為、この方法で各国の検索結果が確認できる。

中国のみ、グーグルはサービスを提供していないので香港のデータとなっている。
検索結果に取り扱いサイトがあればその国で販売していると認定。
ただし、日本のAmazonページが出た場合は除外。

【結果】

  • アメリカ :取り扱いなし
  • イギリス :取り扱いなし
  • フランス :取り扱いなし
  • ドイツ :取り扱いなし
  • イタリア :取り扱いなし
  • カナダ :取り扱いなし
  • ブラジル :取り扱いなし
  • 南アフリカ :取り扱いなし
  • 中国(香港) :取り扱いなし

イタリアやドイツなど非英語圏ではYouTuneのユーザーチャンネルが表示された以外は名前の似ている無関係のものが表示されました。
主要国で販売されていないようですが、いったいどこで100,000箱も販売されていたのでしょうね

海外では別の名前で販売している可能性も無きにしも非ずですが……。
そのあたりは皆さんのご想像にお任せします。

配合成分に関してですが、どこにも原材料表記がありません。
サイトに掲載しなければいけないという法律はないので、別に掲載しなくてもいいですが、消費者目線で言えば掲載するべきでしょう。
アレルギー対策だって必要ですからね。

公開されている成分のみでリンゼットのパワーについて調べてみましょう。

主力成分は「ボロホ」(borojó)という果実。

南米コロンビア、エクアドル、パナマで自生している植物であり、ボロホアと表記する場合もあるとか。
熟すると赤くなり1kg程度の大きさになるようで、ジャム、ジュース、スイーツとして食べられています。
抗酸化物質が非常に多く、過去には媚薬や精力剤として用いられていたとか。

アルギニン、シトルリン、鉄、亜鉛といった男性機能に役立つアミノ酸とミネラルが非常に豊富なので、精力剤として活用されたのでしょう。

メキシコ先住民「チナンテカ族」のほとんどが男性特有の悩みを持っていないという記述について調べてみましたが発見できませんでした。
真実かどうかはわかりませんが、この手の話は過剰に盛って話されるので何とも言えません。

一部では「マカをも超える」と表記されていますが、マカもボロホも一長一短。どっちが優れているではなくどちらも優れているので、宣伝的な表記と思ってください。

ボロホは元々アルギニンとシトルリンが豊富ですが、追加で生のアルギニンとシトルリンを配合しているようです。
リンゼット公式サイトでは「L型」をアピールしていますが、L型以外のものを使用した精力剤を見たことがないです。

他の成分もよくある活力系素材ですね。

50種類以上配合ということで、1つあたりの配合量はかなり少ないと予想します。
体内で十分生かせる量を配合している可能性が高いのは亜鉛だけ。

亜鉛は1日あたり10mg摂れば十分効果を発揮してくるので、大抵の精力剤はそれくらい入れます。

よくある精力剤のアプローチですね。
「従来にはないアプローチ」と書かれていますが、何が違うのか全く分からない

もしかしてボロホを加えたことが新しい?
ボロホを配合している精力剤を楽天で調べてみると、グライバル、ペニブースト、ボルキア3、リザベリンなどいくつかありました。
例外なくペニス増大系なのは気になりますが、珍しい素材というわけではありません。

そもそもペニスが増大することが科学的に判明したら世界的な大ニュースになりますよ。

現在、ペニスを大きくする方法はないですので、増大をアピールしているような商品は注意してください。

精力効果については、配合量が一切わからないので何とも言えません。
ただ、上でも述べた通り50種類以上配合しているので、必然的に1成分あたりの量は少なくなりますね。

製造は日本の工場であり徹底チェックと書かれていますが、GMP認定工場とは記載されていないので心配です。
GMP認定工場とは、一定の品質でトラブルが起きないように対策が摂られている工場と思ってください。
自前で工場を所持しているような大企業の場合はGMP認定工場ではないが、それに準ずる品質管理というのは聞きますが……。

価格も12,800円と、増大系でよくある高価格。

価格が高い。他の精力剤との違いがほぼない。成分の配合量が不明。GMP認定向上ではない。
こういった点から管理人的にはあまりオススメはしにくいですね。

製造・販売会社

リンゼットの販売会社は「grothlin.net メンズヘルスラボ」。
製造元は「グロスリンジャパン」とのこと。

調べてみたらグロスリンαを販売している会社でした。

製造元がグロスリンジャパンとなっているので、自社工場を持っている……わけないですよね。
この辺りは何とも言えませんね。
いかにも「自社工場で製造している」と見せたかっただけなのでしょうか。

販売会社は「会社ではなく個人販売」です。
住所である「東京都町田市鶴川4-7-6」を調べたら家賃2万円前後のアパートが出てきました。

個人でサプリを販売するとは。
儲かるのでしょうかね。

↓役に立ったと思ったらシェアしていただけると管理人が非常に喜びます🤗
サイトの維持にも役立つので、よろしくお願いいたします。

     

リンゼットの副作用や被害告発レス

リンゼットの情報はまだありません。

↓管理人よりリサーチ済みです↓

一番安全なサイトでリンゼットを購入する

リンゼットの情報を投稿する

  • ※総合評価の「★」は、数が多いほど良い評価となります。
  • ※副作用~萎縮度の数字は、数が小さいほど良い評価となります。
  • ※新機能として画像を1枚だけ投稿できるようになりました。商品やサービス関連のもののみでお願いします。

▼画像投稿の注意点
画像の容量が1MB以上の場合、うまく送信できず真っ白なページになる可能性があります。お使いのカメラの設定画面にて、「解像度」を最小まで変更の上、もう一度撮影を行てください。なお、コメント自体は送信されております。無事に送信されている場合は「投稿ありがとうございます」というページへ移動します。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

 

副作用

危険度

不衛生

被害度

萎縮度

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)